Tag: zabel

ザベルの作業途中風景。

少しずつ進めていたザベルの制作ですが、全体像はできたものの、どうにも資料が無いためにディテールをつめることができずモンモンとしています。

ザベル全体像

今回は人間のモデルを作るときは全体をローポリゴンで作ってからどんどん細かくしていってディテールを追加していくという手順を実感できただけでも勉強になったとして、一端ザベルの制作は休止することにしました。

次のモデルは今までが既にあるものだったので、オリジナルのモデルを制作してみようと思います。
できれば勉強できそうな感じのヤツを・・・。

ザベルの制作_髪の毛

髪の毛部分をどう始めたらよいか悩んだのですが、まずはフィギュアみたいな中身詰まってる感じでつくることにしました。サラサラヘアーじゃだめやんね。

まずはベースとなる形を円形プリミティブから作り、端をエッジウェイトツールで尖らせます。それを腹の部分だけ凹ませます。
髪の毛のベース

あとはこれを配置していくだけ。
ザベル髪の毛
でも後ろから見ると所々ハゲていますが。ソニックみたい。
ザベル髪の毛

あとは調整なんですが、各髪の毛パーツを統合してしまうか別々にするか悩むところです。あと生え際も細かい調整が必要です。さてどうするか・・・。
ちなみにモデリング時って今までテクスチャ表示だったけど、「グーチトーン」だといい感じだね!

サクーンと次の制作。ザベル。

前のエントリーのゴーレム制作を終わらして、さて次は何にするかと考えたところ、当初はここでひとつガンダムでも制作しようかと考えました。ガンダムとかって昔から「こういうのつくれたいいなぁ」などと考えていた代表的なモデルなわけで、それがもし「できたー!」となればこれから先のモチベーションもあがりそうな気もしました。
しかし、ガンダム系ってカクカクでしかもカラーの設定とかテクスチャとか作らなくてもよさそうっていうかせっかくだから勉強も兼ねられるモデルのほうがいいよな・・・。ってことで次のお題は「ザベル」としました。
もう個人的なフェイバリット全快なわけですが、モデル制作には「作りたい!」ってモデルを見つけることが一番続けられる理由だと思うので、古いとか趣味が悪いとかは気にしないようにします。

ということで制作ですが、まず右側面図で「ペン」ツールで大まかなラインを描いて、それを「z」キーで引っ張っていきます。他のやり方が思いつかないのでいつもどうりのやり方です。以前と比べるとスピードも早くなった・・・かな?一時間半でこのぐらい。
ザベル

【追記 2009/02/19】
その後首まで引っ張っていって、少しバランスを調整してみたのが以下。
zabel
昔はヴァンパイアハンターの資料集みたいなのを持っていたのですが(10年も前か・・・)、捨ててしまった今、資料が無くて困ってます。

© 2017 UXIC.net

Theme by Anders NorenUp ↑