Tag: WCAN

とりあえずできたのでメモ:Away3D

形はひどいもんですが、とりあえずflashでパブリッシュするまでのメモ。

まずAway3Dから読み込む必要があるのは
・objファイル
・テクスチャ(現在はライブラリに読み込ませてリンケージさせてます(デフォ))
・mtlファイル

最後のmtlファイルというのは全く知らなかったのですが、modoからobjファイルに書き出す際に勝手にできたファイルです。
flashをパブリッシュする際に一応表示はされるけどエラーウィンドウがでるので読んでみたらどうも「mtlファイルがありません」的な内容だったので、objファイルと同階層に入れたらエラーが出なくなりました。

できたのはこちら。

men

色も何もありゃしませんが。しかもパブリッシュ後にmacbookが轟音をたてます。

あとモデリングの際に気をつけることとして
・最終的には三角ポリゴンで描画される(手とか表示されてない部分があるのはこのせい?)
・modoで書き出す場合、各オブジェクトごとに書き出す必要がありそう。

各オブジェクトごとに書き出さないと間接を動かしたりができないと思われるので!

あ、テクスチャが左右逆になってる・・・。

出し物製作中。

もう時間が無いのでモデリングを終了させました。

で、できたのがコレ。

後はこれに色づけします。

ツールをスカルプトに切り替えて、新規のイメージマップを作って、Away3Dで読み込むために一応JPG保存でいきます。

で、フリーズしまくりながらサクッとできたのがコレ

うぉぉい! ひでぇ。ひでぇよ。

もっとマシなものになるかと思ったら、予想以上にヒドいよ。
なんかUVが重なっちゃってる関係で、顔右半分はおかしくなってるし・・・

これでは明日の発表がまずい。ネタがわからない人にはもっとマズイ。いやわかっていてもヤバいのかもしれない。
さてどうするか・・・。

miniDesignに出すかもしれない。

ふつつかながら、22日(土)にあるWCAN miniDesignにもしかしたらTipsでお話するかもしれないので、出し物を考えておく。
(なんか発表が指名制みたいなので勝手にドキドキしてます)

出し物といっても今のところ(あと3日しかないけど)Away3Dを出したいってことで、しかもどうせならオリジナルで制作したものを表示させたいのでそのマテリアルの制作から

後は顔を作ってテクスチャをはらな。
しかしmodoは制作がやりやすい。というかポリゴンもデラー自体がそうなのか。Shadeで頭を捻っていたころとは大違い!

WCAN mini ActionScript vol.8に参加してきました。

18日(土)に「WCAN mini ActionScript vol.8」に参加してきました。
メインがPHPのライブラリの話で、しかもFlashのソフト自体を持っていなかったこともあり、何もできなくて悔しい思いをしてしまいました。
サクッとオリジナルのアイデアを形にできるようになりたいです。

セミナーではいつもどおり休憩時間などに名刺交換をしたのですが、その中で「goodscoot」の方と名刺交換ができました。

今サイトを見て気づいたのですが、確かかなり前(2002,2003年ぐらいじゃないかなぁ・・・)の本でウェブデザインサイトをカラーに分けて紹介するという本に載っていたような気がするんですよね。リニューアルする前のデザインで。
そんな方に会えたのがちょっとうれしくなりました。

あとセミナーに来られる方がみんな気さくな方ばかりで助かってます。
もっとこちらからネタ、テクニックを提供できるようにならなくてはと改めて思いました。

© 2017 UXIC.net

Theme by Anders NorenUp ↑