Tag: shadow

Unityで影(陰)が無いシーンを作る。

かなり前に書き留めてあったやつ。

Directional LightやPoint Lightを配置すれば陰がつきますが、その分負荷がかかっているはずです。
Unityで影(陰)が無いシーンを作ろうと思っても、ライトを削除すれば画面は真っ暗になってしまいます。どうすればいいのかと調べてみました。

Ambient Lightを明るくする

Unityのメニューから「Edit」→「Render Setting」を選択し、InspectorにRender Settingを表示させます。そこの「Ambient Light」を設定してやるだけ。これでライトが無くても画面が明るくなります。気分はプレステレベル。
Ambient Lightの設定

サンプル

このやり方の場合、キャラクターは全部の面をテクスチャ使わないといけなくなるので作業の手間が増えることになるかな。

しかし自分のキャラクターがバイオハザードな感じに動かせるだけで凄い愉快な気分になります(サンプル)。特にジャンプ中に歩かせるエアウォークさせると。

シャドウキャッチャーの影をぼかしたい。

シャドウキャッチャーのやり方の次はそのシャドウをぼかしてみます。
まず、何はともあれmodoでレンダリングする時に最初にやること、Renderタブの【間接照明】にチェックを入れます。
Renderタブの【間接照明】にチェック

次にデフォルトだと照明の種類がDirectional Lightになっているので、Directional Lightのプロパティの【広角度】と【サンプル】に数値を入力します。

・【広角度】の数値を大きくすると影が大きく、薄くなっていきます。
・【サンプル】はシャドウのクオリティの設定で、数値が小さいとシャドウにつぶつぶ感がでてきます。

Directional Lightの設定

そうするとドーン!
シャドウキャッチャー

もし【広角度】と【サンプル】が半透明になっていて数値を入力できないよ?って時は環境光のプロパティの【太陽に設定するライト】にて現在のライト(シャドウを落としているライト)を選択してやります。
太陽に設定するライトを設定する

これで影がいい感じでぼやけるはずです。
あと今回のモデルはマテリアルのHight Glassを設定してあります。テカテカ具合が凄い!

C3D勉強会とシャドウキャッチャー

先日mixiの3Dに関するコミュニティ「C3D」の勉強会をしたんですが、3Dで飯を食っている人とかエヌジーシーの方が来てくれたりとかで非常に貴重な時間となりました。

個人的に一番の収穫はZBrushとmodoの連携です。まだmac版しか対応してないようですが、その連携のスムーズさが凄い。Zbrushはさわったことがないのでアレですが、それでも有機的なモデルの作成が得意なZBrushとポリゴンモデラーのmodoの機能が合体したようなものです。益々ZBrushが欲しくなりました。でっかいディスプレイ買ったんでしばらくお預けですが・・・。

その勉強会で知った機能とかをメモしていこうと思うのですが、まずはシャドウキャッチャーから。modo401から環境イメージがたくさんプリセットされているので、それで遊ぶ時などによく使います。
やり方はメッシュのプリセットからダブルクリックかドラッグでもできるのですが、勉強のためにゼロからやってみます。

まずは適当なメッシュを用意します。(ここではメッシュ名「Ground」)
シャドウキャッチャー手順

配置したメッシュ(shadowを落としたいメッシュ)にMキーでマテリアルを設定します。ついでにレイヤーにあるデフォルトの基本シェーダーを見えなくしておきます。
シャドウキャッチャー手順

そのマテリアルにレイヤー追加でシェーダーを追加します。
シャドウキャッチャー手順

できたシェーダープロパティの「アルファタイプ」をシャドウキャッチャにします。
シャドウキャッチャー手順

そうするとドーン。
シャドウキャッチャできあがり

次はキャラクターにIKとかできないかな・・・。

© 2017 UXIC.net

Theme by Anders NorenUp ↑