ZBrushでリトポロジーのやり方。といってもローポリを生成するだけ。
リトポロジーってローポリゴンを新しく作った後は上位サブディビジョンのスカルプトをサクッと引き継いでくれるもんだと思ってたんですが、どうも違うみたいでガックリ。3D-coatは簡単なのかな〜。
やり方はリトポしたいアイテムがToolにある状態からです。

新しくZsphereを配置させてEditモードにする

Zsphereを配置してEditモードにする

リトポ対象を選ぶ

retopology

RiggingタブのSelect Meshをクリックしてリトポ対象を選びます。

Edit Topologyからリトポ開始

リトポ開始

TopologyタブのEdit Topologyをクリックしてリトポ開始です。xキーで左右対称にポリゴンを貼ることもできます。

どんどんリトポ

赤い丸のポイントが起点となって四角形を描いていきます。赤いポイントを変更したい場合は、ポイントをCtr+クリック、削除したい場合はAlt+クリックです。しかし面の数が多くなってくると形状が分かりにくかったり変な箇所にポイントがスナップしたりしてやりにくいですね。

完成したらToolに登録

リトポ完成

面張りが終了したらAdaptive SkinタブのPreviewをクリックすることでポリゴンが生成されます。となりのDensityを調整してやることでSubdivision Levelを変えられます。

Toolに登録

最後にMake Adaptive SkinをクリックすることでToolに登録されて使用することができるようになります。

あまり本人もわかってない部分があるので、ご指摘等ありましたらコメントくださるとありがたいです。