Month: 2月 2008

タイミング悪っ!

2週間前にmacbookの最下位モデルをヤフオクで買ったんですが、本日にmacbookの新モデルが登場しました。しかも安くなって。タイミングが悪い!

ヤフオクで買った値段は11万ちょいなので損はしていませんが、HDDの容量が120GBなのがうらやましいです。
購入したmacbookのHDDは80GBなのですが、os(10.5)を入れた状態で既に30GB容量を食っています。工場出荷状態のアプリケーションだけで30GB。
CS3ファミリーをいれたりその他もろもろのソフトを入れれば35Gになり、HDDの残りは45G。これにiphotoの写真、タイムマシーン用バックアップ領域の確保、Bootcampでwindowsを入れなくてはいけないので容量不足は深刻です。本気でタイムカプセルが欲しくなりました。

技術の進歩が早いのはいいことなんですけど、まさかmacbookのアップグレードがここまで早いとは思いませんでした。11月にしたばかりなのに。しかも1万円安く・・・。
しかしここまで安いと下手なwindows機よりコストパフォーマンスがいいですね。core2でなんとかモバイルできる大きさ、重量で12万のPCはそんなに無いと思います。appleがんばってますね。

FireworksCS3がひどい

最近は「FireworksCS3」で仕事しているのですが、MX2004からアップグレードしたのものの、macromedia時代から続く”致命的ではないけどイラッとさせるバグ”がたくさんあるのでホントに参っています。
自分以外にもそんな人がいるだろうと検索してみても、意外なことに全く見つからないので自分で書いてみることにしました。

1.アプリ使用中に言語が変えられない
以前のバージョンでもキーボードの入力を日本語入力にしていると、ショートカットが効かないというのがありましたが、入力を英語に切り替えれば問題ありませんでした。特にカーソルのショートカットである”V”は頻繁に使うので、いちいち”英数”キーと”V”キーを同時に押していました。
しかしCS3では英語入力にならない・・・。なのでツールボックスに移動しなくてはいけない。ぁあめんどくさい・・・。

2.正しく整列しない
画像などを整列させる場合はもちろん「整列」パネルを使うわけですが、テキストを整列させようとしても、微妙にずれている。
以前のバージョンでは”真ん中揃え”は無理でしたが、”上あわせ”は綺麗に整列しました。しかしCS3になってからは全部駄目。テキストの場合は1px必ずずれている。 イラッとします。

3.MSゴシックのレンダリングが変
macでページデザインの制作していると、 どうしてもウィンドウズで見る感じを再現したいとなることがあります。その場合macだと自動でテキストにアンチエイリアスがかかっているので、テキストを選択した後”アンチエイリアスをオフ”にすることで再現できました。
しかしCS3ではならない・・・。汚いドットになってる。キィィィー!

とFireworksCS3のイラットとくる点を羅列してみましたが、もしかするとCS3のせいではなく、オープンタイプフォントにあるのかもしれません(でもヒラギノでも同様の現象が出る)。
早いところ修正してもらいたいものです。というかもう捨てられる運命なのかな・・・。Fireworks。

© 2017 UXIC.net

Theme by Anders NorenUp ↑